脂漏性皮膚炎になった時の枕カバー

 書くのは正直ものすごく恥ずかしいのですが、僕が脂漏性皮膚炎になった時、枕カバーは全く交換していませんでした。

 せめて、「皮膚科で治らなかった脂漏性皮膚炎の治し方」のところに書いた「弱酸性次亜塩素酸水」で殺菌でもしておけば、まだましだったかもしれませんが、そういったこともしていませんでした。

 今になって思うと、不衛生極まりない状態ですね。

枕カバーは脂漏性皮膚炎の原因にも

 人は寝ている時に汗をかいているので、汗と皮脂が枕カバーにはしみついていて、これがダニや細菌の絶好のエサ場となっています。

 横を向いて寝たり、寝返りを打ったりするときに、頬が触れると、脂漏性皮膚炎に良くないことは、誰が考えても明らかですね。

脂漏性皮膚炎の対策としても

 枕カバーを清潔に保つことは、脂漏性皮膚炎を治療するうえでも大切なことです。

 僕は、脂漏性皮膚炎の治療を始めてから、枕カバーではないのですが、枕をタオルでくるんで、毎日交換しています。枕カバーだと付けたり外したりがめんどくさいのですが、タオルなら一瞬で可能だからです。