脂漏性皮膚炎は自覚症状がありません。なんとなく仕事でイライラや考え事をする仕草として頭をかいていると雪のようにふけのようなものが落ちてきました。初めは髪の洗い方が十分でなかったかと思い対策をしていたのですが改善されることがなく、かゆみを伴ったのです。ただこのかゆみは寝れないとか集中できないとかといった症状ではなく、心配になったため皮膚科に受診しました。その結果、脂漏性皮膚炎と診断されたのです。

脂漏性皮膚炎の原因は生活習慣ではないかといわれました。髪の洗い方が悪くシャンプーが残っていたり、食生活や睡眠が乱れているのではないかと指摘されたのです。私も納得したのでこれらを改善することを意識することにしました。スキンケアとしてステロイドの塗り薬を処方されたのです。

ステロイドを塗ることは少し抵抗がありました。処置後に頭がねっとりとした感触がするからです。これが嫌だったので3回程度使って症状がよくなったため、髪の洗い方を変えることにしました。通常は桶で洗い流していたのですが、シャワーとヘアブラシを使うことで洗い残しがないように努めたのです。具体的には、かけ湯をしながらブラシでマッサージします。そのようなスキンケアをすることでかゆみはなくなり、脱落するふけの量がゼロにはなりませんが減少しました。