脂漏性皮膚炎とはもともと赤ちゃんの肌に見られる皮膚炎でした。しかし、近年では決して赤ちゃんに限った皮膚炎ではなくなり、成人でも多く発症するようになりました。脂漏性皮膚炎は皮膚の表面に存在するマラセチア菌の量を減らしていくという治し方が一般的です。

皮膚科では主にマラセチア菌の繁殖を抑えるための薬が投与されたり、炎症やかゆみなどを抑えるステロイドやビタミン剤が使用されます。しかし、これらはマラセチア菌に対する効果を期待するものであり、皮脂の分泌そのものを減らすことにつながるものではありません。そのため、一度は症状が改善しても皮脂の分泌が増えることで再発してしまう危険性があります。

脂漏性皮膚炎になってしまう原因の多くとしては、皮脂の分泌量が過剰であることにあります。自分での治し方としては、皮膚を清潔な状態のままにし続けることが一番です。しかし、シャンプーで一度のお風呂で何回も洗ってしまったり、逆にあまりシャンプーをしないことは皮膚への刺激につながって逆効果となってしまうことが考えられるため、やりすぎは禁物となります。
また、紫外線による皮膚へのダメージも強い刺激となってしまうので、夏場などは帽子をかぶるといった対策が必要になります。