私は従事している仕事の性質上、高温の作業室の出入りを頻繁に行っています。そのため、季節に関係無く大量の汗をかいてしまい、場合によってはあせもの症状が出たこともありました。通常なら市販の薬を塗ることで症状が治まりますが、連日の発汗と体調不良が重なったことで顔の全面に脂漏性皮膚炎を患ってしまいました。

あせもと異なり、痛みを伴う炎症が顔を覆うように出たことから見た目が非常に悪くなってしまいました。また、頬やあごなど隆起している部分の肌にひび割れが生じ、あかぎれに似た状態になったのも暮らしの中で困った点でした。ひび割れに汗や汚れが入り込むと針で刺したような痛みが走り、仕事にも悪い影響が及びました。急いで皮膚病の専門病院を受診しましたが、症状が進んでいたので治療に手間がかかり、完治するまで数か月の時間が必要でした。

現在では脂漏性皮膚炎の発症原因である過剰な発汗を抑えるため、仕事に就く際は制汗スプレーを使うなどの予防に努めています。また、発汗した際もこまめに拭き取り、汚れた汗で肌に刺激が生じないように気を配ることも忘れていません。その結果、軽度のあせもが出ることはありますが、顔を覆うほどの脂漏性皮膚炎が発症することは無く、不快な症状に悩まされずに暮らしています。